彫金の歴史と現在

こちらでは彫金の歴史と現在について解説していきます。

彫金の歴史

彫金の技法は古墳時代後期、渡来工人によって伝えられたといわれています。

平安時代の後期、武士階級が台頭すると、彫金は刀剣、甲冑金具に装飾として施されることが多くなりました。

室町時代に現れた後藤祐乗(ゆうじょう)は彫金中興の祖と呼ばれ、格式を重んじる作風が『家彫』として後世に残っています。

 

江戸時代には刀剣が、実用品からデザインの面白さ競う鑑賞本位のものへと変化し、この時期に多くの彫金職人が現れました。精密な彫金作製の技術はこのころ完成したといわれます。

江戸後期、公家出身の横谷宗珉(よこやそうみん)が、墨絵の筆勢ををそのまま鏨で表現した片切り彫刻の技法を生み出しました。その作風は、京都風の『家彫』に対して『町彫』と呼ばれました。

 

これは刀剣ばかりでなく、煙管や根付にも用いられ流行となりました。

明治維新の廃刀令で彫金の仕事は少なくなりました。しかし従来から伝わる技術を応用して、現代へ彫金はしっかりと伝わっています。

彫金の現在

私共はこの江戸時代に生まれた『町彫』の技法を今に伝える彫金でさまざまな作品を作り続けています。

 

現在では彫金職人の数は少なくなってしまいましたが、自分だけの指輪やペンダントなどのオリジナルアクセサリーを作れるとあって、若い年代の方たちにも興味をもたれる方も少なくはありません。

 

シルバーアクセサリーが流行し、ワックスからアクセサリーを作る技法が最近では主流となっていますが、彫金にはまねのできない”味”がありますのでこれからもさまざまな形で用いられていくと信じています。

トップページへ